ロゴ
Zakka / Gallery & Shop / iTA-Choco Systems Official Shop
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< イタチョコタコ糸巻き「床屋で口出しする客」 | main | 年末年始の営業と、遠方にお住まいの方へお知らせ >>
2012/1/28(sut.) Mujika Easel Solo Live
Mujika Easelという音楽家が居ます。

数年前まで「絵画のような音楽」だと説明していました。
それがしっくりくるような気がしていたのです。

数年前、富山で見たライブでその絵が動き出しました。
白と水色と黄色の輪のような雫のような水玉のようなもの達が
世界を確かめる様に動いたのです。
絵画から映像になったと書くのは少々稚拙でしょう。

その後のライブでは動いているものが熱を帯びた様に感じました。
衝動かもしれません。
体温かもしれません。
感じ取った動き始めた幼い生き物の様なそれは
ただ観察されるものではなく
こちらを動かし始めたのかもしれません。

彼女は「凝縮された時間の中で動く子供のような生き物」と紹介される
「映糸」というバンドで活動していた時期がありました。
それから10年が経った今、彼女がつくりだしているものは
確かに生き物だったのかもしれないと感じています。

前置きが長くなりましたがこれらは主観です。
ソロライブが決定しました。


Mujika Easel Solo Live
日時:2012年1月28日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
場所:さくらみかふぇ
チケット:2500円(1ドリンク付)


ライブ後20時頃から1000円で軽食をご用意しております。
(一品はベジタリアン対応のものもご用意致します)
チケットと一緒にご予約承ります。

---




Mujika Easel

1978年、大阪生まれ、幼少から音楽に親しむ。いくつかのバンド活動を経た後、凝縮された時間の中で動く子供のような生き物「映糸(エイシ)」を結成、アップライトベース&ボーカルを担当。2003年11月に MIdI creative/nobleより1st album『awaawa』をリリース。2005年6月に MIdI creative/nobleよりNYの音響アーティスト、Taylor Deupreeによる1st album『awaawa』のリコンストラクト・アルバムがリリースされる。
2006年に音楽レーベル「AnN-shitsu Records」を立ち上げ、1st solo album『Love and Realism』をリリース。その後、長らく離れていたクラシック音楽に立ち戻り、2nd Anbumの制作と並行して、フーガ、オーケストレーション、オーボエなどを学び新たな音楽性を探り続ける。
2009年、dear Airを立ち上げ、その第一弾として2010年9月にMujika Easel 2nd Album『海辺より』をリリース。同年10月、イタリア人アーティストとのプロジェクト作品『Autumn is Coming, We're All in Slowmotion』 Andrea Ferraris/ Matteo Uggeri with Mujika Easel and Andrea Serrapiglioをhibernateよりリリース。

クラシカル、音響、即興性を持つサウンドと独自の声の佇まいは、時代、年代を問わず歌ものとして聴く人の心に響く音楽を届ける。その歌声は静謐であり力強く、美しき問いかけのような響きをたずさえて存在する。

http://www.mujika.net

---


むづかしい月にてMujikaEaselのCDをご試聴いただけます。
CDの取扱いもはじめました。

CDはアートワークを含めてとても素敵ですが、
即興で生まれる音を是非ライブ会場で体感してみてください。

ご予約はmail又はtwitterのDMにて承ります。

mail
info@difficultmoon.main.jp

twitter
@ra__na
JUGEMテーマ:Live・event 情報


comment









trackback URL
http://blog.difficultmoon.main.jp/trackback/37
trackback