ロゴ
Zakka / Gallery & Shop / iTA-Choco Systems Official Shop
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「イタチョコ=ラショウ弾き語り 二代目ハーメルン」ご予約受付中 | main | 11月のお休みと営業時間変更のお知らせ >>
ガラスペン
ガラスペンをご存知でしょうか?

ペン先だけがガラスで出来ているもの、ガラスペン先を交換出来る物、軸まで全てガラスで作られた美しいものなど見た目は様々です。ペン先だけでもそのデザインは様々で意味があったりもします。が、これはまた別の機会に書くとします。

今回はガラスペンについて簡単にご紹介します。

ガラスペン
ガラスペンは1902年に佐々木定次郎氏によって発明された文具です。こんなにも美しく魅力的な文具を日本人が作っていたというのは誇りですね。

こだわりのある方やその美しさ、繊細な線に惹かれた方が愛用しているという決してメジャーとはいえない文具ですが、昔はごく普通の文具だったそうです。実際に古いガラスペンのラベルには簿記用と書かれている物もあるくらいです。

レトロで繊細な見た目から使いにくいのでは?難しいのでは?と思って敬遠される方も多いようですが、実際にはとても扱いやすく書きやすい文具です。線の太さや種類にもよりますが、一度インクをつけると葉書一枚くらいは書けてしまう優れものなのです。Gペンやカブラペン、丸ペンなどの金属製のつけペンを使った事のある方なら特に驚かれるかもしれませんね。

そしてインクの色を変えたい時はペン先を水でさっと洗ったら直ぐに違う色で書く事が出来ます。これは現代のペンでも出来ない魅力の一つです。

ガラスペン2

デメリットはガラスなので破損する可能性がある事でしょう。これはインクボトルの中に脱脂綿や海綿を下に沈めていただくことでインクを付けるときの事故は防げます。また、書いている時は美しいガラスのペン先が常に目に入りますので自然と扱いも丁寧になる(と思います...)ので案外大丈夫だったりします。

これはガラスペンに限らず言える事ですが、本物や上質な物を使うと自然と丁寧な所作が身に付いて来るというものと同じなのでしょうね。

これからクリスマスカードや年賀状を書くシーズンですので大切な人にガラスペンでカードや手紙を書いてみるのはいかがでしょうか?ガラスのペン先から生まれる文字はどことなく繊細で魅力的です。あなたは何を綴りますか?

使い方は店頭でもご説明致します。また試し書きも出来ますので是非一度店頭でお試しくださいね。
comment









trackback URL
http://blog.difficultmoon.main.jp/trackback/30
trackback