ロゴ
Zakka / Gallery & Shop / iTA-Choco Systems Official Shop
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10月のお休みのお知らせ | main | 10/13(木)営業時間変更のお知らせ >>
りんごがむすんだおやくそく
たまにはお店の事から離れた事も書きましょう。
でも完全には離れません。
少し個人的なものでもあり、長文です。

10/5、スティーブ・ジョブズ氏がお亡くなりになりました。世界中を駆け巡ったニュースなのでご存じない方はいらっしゃらないでしょう。著名人が亡くなると悲しかったり寂しくなったりするのはよくある事ですが、ジョブズの死は今までの著名人の死とは少し違った感覚がありました。天才だったからでしょうか。そうではありません。

ジョブズが存在していなかったら、又はジョブズがガレージでパーソナルコンピューターなるものを作り始めたりしなければ「むづかしい月」はオープンすらしていなかったからでしょう。
私は学生時代に先端造形コースという何が先端なんだかわからないコースに所属していました。Mac必須のコースだったので近所のお店でMacを購入しました。正直に言うとMacを毎日触ってたら良いコースなんて楽しいじゃないの、という理由でそのコースを選んだ気もします。そのお店の上のフロアにApple Store in Storeという綺麗なお店が出来たのでそこでアルバイトを始めました。店長がAppleマニアな方でAppleの魅力を沢山語ってくださったのを覚えています。それまではwinユーザーでMacは「いつかは使ってみたいなー」という憧れの物が一気に身近な存在になったのです。

新しいMacが出る度に販売の為という名目で触り倒し、メモリやHDDの増設作業、ソフトを覚えて売るという名目でサンプル版を使い倒せるという仕事は私にとって夢のようなバイトでした。真剣に遊ぶ様に働いていたら社員さんにもかわいがっていただき、ある日「特別にMacExpoでジョブズの基調講演を見せてあげよう!」という事になりました。バイトで喜んで行く行く!と乗っかったのは私だけだったのかもしれませんが。東京なのか埼玉なのか曖昧な所に住んでいた私には会場は遠過ぎて間に合わないので社員さんのご自宅に泊めていただき、御馳走までいただき、早朝眠い目をこすりながら車に乗せていただき、車の中でも熟睡し、何の努力もしないで会場に着きました。凄いと聞いてた噂通りのプレゼンも見ました。Mayaを使ってMacとwinで同時にレンダリングをさせたらほら、Macの方がクロック数低いのに早いでしょ?というような事もしていましたっけ。録画してずっとバイト先で流していたのも覚えています。

基調講演が終わってから色々なブースを見に行きました。そこでイタチョコシステムのブースがあるので見てみよう、と足を運んだのです。すると社員さんのKさんに「ほら、あの人がラショウさんだよ」と言われました。「へー。それよりKさん!キーボードかわいいです!」と私はラショウキーボードを見つめていました。この全く実用的でないかわいいキーボードが欲しい!と思いましたが当時の一ヶ月の食費の金額を払える自信が無く泣く泣く諦めたのです。。「Kさんがお金貸そうか?」と言ってくださるものの、返すあてが無いほど貧乏学生だったのですね。

あの日基調講演の後にイタチョコブースでラショウキーボードを見ていなかったら、MacExpoに行ってなかったら、Apple Store in Storeでバイトをしていなかったら、Macを買わなかったら、Macに興味が無く他のコースを選んでいたらラショウ氏と知り合う事も無く「むづかしい月」もオープンしていなかったわけです。いつかお店は持ちたいと思ってはいましたが、それは「むづかしい月」ではないでしょう。それにラショウ氏もMacが存在していなかったらイタチョコシステムではない形で活動されていたかもしれませんしね。

ジョブズ一人で人生が変わった人の中に自分も含まれているのか、と思うと少し不思議な気持ちになりました。

こんな人はきっと世界中にとても沢山居ることでしょう。
そんな沢山の人生を変えた一人の人が居たけれど、その人の人生が終わったのです。そう思うととても寂しくもありますが、そんな時にMacで散々遊べる世代で良かったなと感謝の気持ちも大きくなりますね。

ジョブズ語録がごろごろとweb上に転がっているここ最近なので書くまでもないですが、つまらない事で時間を浪費はしたく無いですね。彼の様に人生が終わるかもしれない日だとしてもしたい事を厳選していきたいものです。

これから沢山の面白いものや素敵なもの、素敵な作品を沢山創って作ってご紹介していければと思っています。
comment









trackback URL
http://blog.difficultmoon.main.jp/trackback/24
trackback