ロゴ
Zakka / Gallery & Shop / iTA-Choco Systems Official Shop
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
生の音であること
初めて自分のお金で音楽を聴きに行った先は大阪城ホールでした。
関西人なら誰もが知ってる大きなホールです。ライブというものはCDと違って凄いなぁと15の私は純粋に感動しました。

初めて行ったライブハウスは難波のW'OHOL。残念ながら今はもうありません。出演者との距離の近さ、よりダイレクトに伝わる音と熱気、オールスタンディングという形態にわくわくしたものです。

その後様々な場所に足を運びましたが、徐々にライブハウスやライブが出来るお店に行く事が多くなりました。そして小さい箱ほどわくわくする様になったのです。CDじゃなくてライブじゃないと、という人達を好んで聞く様になったら自然とそうなったのです。

演奏されて生まれる音により近い場所で聴けるという事は素敵な事です。これはその場にいた事が無い人にはなかなか伝わらないかもしれません。その空気を感じた事はありますか?



1/28のMujika Easel Solo Liveは生音ライブです。
生音ライブとは凄い事だと思っています。

機械を通す事でより多くの人に聴こえる音となるでしょう。
ですがより多くの人に伝わる音になるかは別の話です。


写真集で見る写真より写真展で見る写真。
画集で見るより展覧会で見る絵画。
家で小さな画面で観るDVDより映画館。
TVで見るお芝居より劇場で見るお芝居。
本物はいつだって良いものです。

CDよりライブ、
大きなホールよりミュージシャンと時間を共有出来る様なライブハウス、
スピーカーを通したではなく生の音まで聴こえる環境、
そしてそれより生の音。
これが最高の贅沢だと思っています。



先日、トークショーにて彼女の生の声の歌を一曲聴いてきました。
驚いたというのが正直な感想でしょう。
座った場所が近かったというのもあるのかもしれません。


「空間がありました」


そう感じたのです。
声で空間が生きたのではなく、声自体が空間でした。
一人の女性から新たな空間が飛び出したのです。

そして、今までの彼女の歌の中では一番伝わってくるものを感じました。
想いや魂と書いてしまうと簡単です。
とにかく伝わる量が桁違い、その様に感じたのです。
彼女自身の成長なのか生の声だからか、両方かもしれません。
何にせよ、驚いて涙ぐんでしまいました。

大袈裟に感じるかもしれませんが正直な感想です。

どうぞお見逃し無きよう。
ご予約お待ちしております。


info@difficultmoon.main.jp
りんごがむすんだおやくそく
たまにはお店の事から離れた事も書きましょう。
でも完全には離れません。
少し個人的なものでもあり、長文です。

10/5、スティーブ・ジョブズ氏がお亡くなりになりました。世界中を駆け巡ったニュースなのでご存じない方はいらっしゃらないでしょう。著名人が亡くなると悲しかったり寂しくなったりするのはよくある事ですが、ジョブズの死は今までの著名人の死とは少し違った感覚がありました。天才だったからでしょうか。そうではありません。

ジョブズが存在していなかったら、又はジョブズがガレージでパーソナルコンピューターなるものを作り始めたりしなければ「むづかしい月」はオープンすらしていなかったからでしょう。
続きを読む >>